KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



ライブ詳細、追加のお知らせ

12,4 [ FRI ] CLUB 3STAR (愛知)
OPEN / 18:00 START / 18:30
w/ H.A.T.R , Rooms , Chakutai , East Old Castle , and more
TICKET / 前売1200円 当日1500円 ドリンク500円
*ACOUSTIC LIVE
CLUB 3STAR HOMEPAGE

12,27 [ SUN ] BAR かくれんぼ (兵庫) *ワンマンライブ
OPEN / 18:30 START / 19:00
TICKET / 前売1500円 当日2000円 *金額にドリンク代も含まれています。
*ACOUSTIC LIVE
BAR かくれんぼ HOMEPAGE

LIVE 2009-2010 "TRACE" ページ (CLICK HERE)

まずは先週の音源配布で快く受け取っていただいた方、ありがとうございました。今年もあと1ヶ月、週1ペースで継続していけたらと。マイペースに、そして様々な支えと協力のもとで歩んだ2009年、そのラストチャレンジは神戸にある「BARかくれんぼ」でのアコースティックライブに。石山高司という人間が作る曲、そして歌でその場が「都会の隠れ家」になるようなライブができればと思う。

毎年行われる警察庁の発表、3万人以上の人達が自ら命を絶っていく時代。要因は様々だけど、その中のひとつとして挙げられる殺伐とした人間関係。今だからこそ「思いやりを持つ」っていうシンプルな気持ちをもっと大切にしていいんじゃないかと。そしてそれが「心の平和」にも繋がっていくと俺は思う。下の詞は人と人が歩み寄る大切さをテーマに書いて。自分にとってこういう詞が書ける精神状態になったことは、ひとりの人間として大きかったことで。まずは人それぞれに身近にいる人を思いやる、その積み重ねがもっと規模の大きな「平穏」が生まれるきっかけになるんじゃないかなと。


LOSING

Lyric and Music : Kohzi Ishiyama
Arrangement : Shuichi Kato

凍てつく風といつしか消えた愛情
急ぐように今日が過ぎる
心通わぬ街の中で
殺伐とした言葉が飛び交う

失ったものを 取り戻すように
手と手を取り合う 幻を浮かべ

Where is go the mind? 我を抱いて
Over the hardship 憎しみを捨て
Don't cling rail 愛し愛され
We need kindness 歩み寄れたら

立ち塞がる現状に俯いてるより
空っぽの無垢な願い 蘇らせ


荒れた心を宥め潤す愛情
続く旅をそっと支える
孤独となり慈悲が生まれ
そして思いやりを知った

険しく儚い 極楽への道で
色褪せぬものを あなたに持ちたい

Where is go the mind? 我を重ねて
Over the hardship 分かち合う時
Don't cling rail 苦楽と共に
We need kindness 寄り添えたなら

立ち塞がる現状に俯いてるより
空っぽの無垢な願い 蘇らせ


Where is go the mind? 我を抱いて
Over the hardship 憎しみを捨て
Don't cling rail 愛し愛され
We need kindness 歩み寄れたら

立ち塞がる現状に俯いてるより
空っぽの無垢な願い 蘇らせ


日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-11-30 07:50

PILE OF DAY

まずは昨日のライブ。いつもながら最後まで聞いていただいた方、出演させていただいた守山BLUEの甲斐さんはじめスタッフの方、それから先週の音源配布で受け取っていただいた方、すべてに感謝。ありがとうございました。

個人的には喉の調子も良かっただけに、もう少しピッチを合わせて歌えたんじゃないかっていう反省点も。来週の名古屋ライブではそれを踏まえて、より良いライブができればと思う。ただ毎回ながら歌うごとにもらう暖い拍手は本当に有難くて。立田さんとの楽しい会話を含めて、有意義な1日を過ごせたんじゃないかと。引き続き精進あるのみで。

[1stアルバム“TRACE”の自主販売について]
6月5日のリリース直後より、CDショップでの販売と平行して、枚数限定で自主的な販売を続けてきましたが、予定枚数が完売のため、自主販売を終了する運びとなりました。ありがとうございました。(CDショップでの販売は引き続き行っていきます)尚、再プレスを行い、自主販売を再開する際はオフィシャルサイト、ブログにてお知らせする予定です。よろしくお願いします。

1stアルバム"TRACE"特設ページ (CLICK HERE)


日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-11-24 07:44

ライブ詳細のお知らせ

11,23 [ MON ] 守山 BLUE (滋賀)
「 BLUE GIG 」
OPEN / 18:00 START / 18:30
w/ proud jive , TOGETHER , ドリフトウッド
TICKET / 前売1500円 当日1800円 ドリンク500円
*ACOUSTIC LIVE
守山 BLUE HOMEPAGE

12,4 [ FRI ] CLUB 3STAR (愛知)
OPEN / 18:00 START / 18:30
w/ H.A.T.R , Rooms , Chakutai , East Old Castle , and more
TICKET / 前売1200円 当日1500円 ドリンク500円
*ACOUSTIC LIVE
CLUB 3STAR HOMEPAGE

LIVE 2009-2010 "TRACE" ページ (CLICK HERE)
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-11-19 07:48

挫折を越えて

まずは先週の音源配布、快く受け取っていただいた方すべてに感謝。ありがとうございました。そして赤松さんとの打ち合わせ、ライブに対して積極的な気持ちでいてくれるのは本当に有難いこと。その気持ちに感謝するという意味でも、ちゃんと活動をマネージメントしていけたらと。

それから連日ニュースで伝えられている市橋容疑者の逮捕。身近な所に潜伏していたことにはホント驚いて。逮捕後の数少ない供述で印象に残るのが「医者になれなかった」という言葉、そしてその後に歩んだ人生。

何かに取り組んでいると、それに対して何かしら出てくる結果。それによって挫折を経験することもあると思う。ただ大切なのは「その後」じゃないかなと。結果を真正面から受け止めて、もう一度トライするか、何か別の道に「生きがい」や「やりがい」を見出していくか、どちらにしても刻々と時間が過ぎる中で「前進していく」ことが大切と思う。それが人としていろんなことを学び、成長していくことにも繋がるんじゃないかな。「自ら前進を拒む」という意味で、いつまでも同じ場所に居続ける必要はないと俺は思う。

下の詞はアルバムにも収録した「再チャレンジ」をテーマに制作した曲。挫折を経験したなら、その経験をも糧に何度でも立ち上がればいい。そしてその人その人の気持ちひとつで、何度でも「再スタート」を切ることができると思う。今のところアルバム収録曲だと最もリアクションのあった曲であり、加藤さん曰く「Kohzi Ishiyama's BEST」の曲。この曲もまた聞き手にとって「ポジティブになれるきっかけ」のような存在であればと。


限りなき零

作詞・作曲 : 石山 高司 / 編曲 : 加藤 周一

陽炎の向こう 揺らぐ街並み
栄えたはずの満たされぬ場所

生き急ぐように 命は召され
無常の涙 永遠に活かせず

何故に逝く? 蕾を秘めたまま
青天の思いを知らぬまま

降り注ぐ痛みに倒れて 袂を分かつ希望
もう一度たぐり寄せて
立ち上がれ 生きゆく都会でしがらみを越えてゆけ
「始まり」は傍にいる

進もう 限りなき零のもと


時勢に追われ 挫折に落ちて
不遇の時を糧に繰り出そう

人生という大海原で
下弦の光 照らす道すじ

事を成す月日は途方なく
繋いでいく 日毎の結実を

浮かべば沈みて巡るは人の世の姿
鮮やかに容赦もなく
立ち向かえ 生きゆく都会で荒波を越えてゆけ
「始まり」は傍にいる

進もう 限りなき零のもと


浮かべば沈みて巡るは人の世の姿
鮮やかに容赦なく

降り注ぐ痛みに倒れて 袂を分かつ希望
もう一度たぐり寄せて
立ち上がれ 生きゆく都会でしがらみを越えてゆけ
「始まり」は傍にいる

進もう 限りなき零のもと

Limitless dream change the real
Never give up , Don't die yet
Limitless dream change the real
There's hope to find your way


日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-11-16 07:43

心ある光景

まずは継続中の音源配布。面識のない人にいきなり声をかけていくのはそれ応に勇気のいることだけど、会話の中で快く音源を受け取っていただけるのは本当に有難いこと。改めて感謝、ありがとうございました。

そして昨日参加した「大阪リバーサイドマラソン」。記録証は後日郵送とのことだけど、電光掲示板を見る限り、2時間4分台で完走じゃないかと。タイムが出せなかった要因としては、前半のオーバーペースもあると思うし、昨日の暑さを予想できずに長袖長ズボンで走ったことも。体の中に熱が籠もってしまう状態になってしまったこともホント反省点だし、後半のスタミナ切れにも繋がって。ただその中で心を折らずに完走できたことは、気持ちの上で先に繋げていきたいと思えるし、ひとつの経験として生かしていけたらと思う。

それから今回の大会でも最後にゴールしたランナーを、みんな拍手で出迎える場面があって。それだけじゃなく、人がひとつのことをやり遂げようと一生懸命になる姿、家族や友人との団らん。連日ニュースで報道されている悲惨な事件とは無縁の光景をいくつも見ることができたし、それは人が心を持つ人として生きる「本来の姿」だったんじゃないかなと。そういう「心ある光景」がより多く見れるような世の中であればと改めて思う。

今日はバンドライブに向けて、赤松さんと打ち合わせへ。

d0117028_7474077.jpg

受付会場の近くより
d0117028_7481264.jpg

受付会場
d0117028_7482864.jpg

友人との打ち上げ鍋

日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-11-09 07:50


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧