KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



貫くものを理想の糧に

まずは昨日のライブ、いつもながら最後まで聞いていただいた方、BARかくれんぼ店長のしょうさん、そしてサポートしてくれた立田さんに改めて感謝。ライブ後にいろいろと語り合う光景や帰り際の表情、それを見た時に「ああ、ライブやってよかったな」って思える1日で。本当にありがとうございました。

今回で今年のライブ活動は終了。何をするにしてもだけど、その時その時のベストを尽くすこと、その姿勢を忘れなかったという意味では悔いのない時間を過ごせたと思う。後は良かった面は継続して、反省点は改善していくように努める、そうすることで今後も先に繋がるライブ活動ができると思うし、それを今年で再確認できたんじゃないかなと。

そして年末には来年に向けたバンドリハ。2010年のライブ活動が有意義なチャレンジになるように、リハを含めてより良い時間を積み重ねていきたいと思う。

最後に昨日バーで下のマフラーを忘れた方がいたみたいで、とりあえず預かっています。またメールをいただければ幸いです。よろしくお願いします。
d0117028_7374277.jpg


日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-12-28 07:43

クリスマス

まずはいつもながら音源配布。地道に続けてきたけど、今年の配布は今週を入れてあと2日分。これまで通り自分ができる精一杯のことをやっていけたらと。そして快く受け取っていただいた方に感謝。ありがとうございました。

家族や友人を含め、大切に思う人と同じ時間を過ごす、今週のクリスマスもそのきっかけになる日と思う。そしてきっかけがなくても、「何気ない存在」が「かけがえのない存在」に感じれることにも繋がっていくんじゃないかなと。今年に限らず、家族や知り合いの命を奪う事件が増えている今だからこそ、身近な人との時間を大切にすることはすごく有意義なことと思う。

最後にアコースティックライブについて。これまでサポートしてくれていた立田さんが、闘病中のご家族の看病のため、一時地元の石川県に戻ることに。前々から話は聞いていたんだけど、そのことを踏まえてアコースティックライブは来週27日で一区切り。そしてバンドライブへ移行していく準備中で。何よりいろいろと大変な状況の中で、ここまでサポートし続けてくれた立田さんには本当に感謝。27日はより良いライブができたらと思うし、また時を経て同じステージに上がる機会も作れたらと思う。

日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-12-22 08:01

共に生きる

まず先週の音源配布は時間を作れず。その代わりに来年のライブ活動について進展ありで。引き続き日進月歩、年内にできるだけ交渉と準備を進めていけたらと。

毎年発表されるその年を表す漢字。今年の漢字は「新」とのこと。自民党から民主党中心の新政権に変わったことや、イチロー選手の連続200本安打の新記録も影響してるようで。

まだ3週間ほど残ってるけど、自分にとっての2009年。漢字一字に表すと、まず浮んだのが「支」。活動に限らず、いろんな支えがあって石山高司というひとりの人間の人生が前に進んでいる。もちろんそれは今年に限ったことじゃないけど、昔よりも「人に支えられて生きている」ことをより強く感じながら過ごした1年になるんじゃないかなと。誰かが傍にいてくれること、たとえ体は離れていても誰かの心が傍にいてくれること、それは「当たり前」じゃなく「特別なこと」と思う。そしてそう思えるようになったことが、人の優しさに対して、より感謝の気持ちを抱くようになったことにも繋がってるんじゃないかと。

人生という旅。それはどういう結末を迎えるか、そしてこれから何年続いていくかも分からない旅。ただはっきりしているのは俺が石山高司として歩む最初で最後の旅ということ。その中で今後も支えてくれる人を思い、共に生きていけたらと思う。

日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-12-14 07:42

マラソン結果と出演イベントの紹介

昨日に参加した「赤穂義士マラソン」は残念ながら30キロ過ぎに途中棄権することに。途中から徐々に意識が薄くなって、真っすぐ走れていない状態になった時に地元のスタッフの方としばらく休んだ後、大事をとって棄権して。今日は念の為、いつもお世話になってる内科の先生に診てもらう予定。マラソンの結果は本当に残念、ただその代わりにマラソンスタッフの方はもちろん、心配してくれたり声をかけてくれた家族や友人達、十分過ぎるほど人の優しさに触れた1日だったと思う。本当に有難いことだし、心から感謝で。

それから下には来年にバンドライブで出演が決まったイベントの紹介。「命の尊さ」であり「生きる」というテーマ、そんなイベントを神戸で行うにあたって、テーマに合った歌い手として俺に声をかけていただけたのは本当に有難く、光栄なことで。バンドリハも今月からスタート、一歩づつ準備を進めていけたらと。

イベント名 / Chain of Survival 命の連鎖

[ イベント内容 ] *主催者側からの説明文より

「Chain of Survival 命の連鎖」は、広島を拠点とする「Chain of Survival 命の連鎖 実行委員会」(代表:広島大学病院高度救命救急センター医師 貞森拓磨)が主催するライブイベントです。

「音楽を通じて命の大切さを考えると同時に、救命活動の方法などを学ぶ」ことをテーマに掲げ、アーティストによるライブのみならず、BLS(心肺蘇生法)やAED(自動体外式除細動器)の方法に関する説明や、医療関係者などによるシンポジウムも行っており、他にはないスタイルのイベントとなっています。また、当日はインターネットによる動画のライブ配信も行っております。

2009年7月に広島で第1回が開催され、この時は7組のアーティストが出演し、200人近い来場者を集めた他、同時に行われたインターネットライブ中継の視聴者も延べ900人を超えました。また、2010年1月には、北九州市小倉で第2回の開催が決定しています。

ライブイベント "Chain of Survival" HOMEPAGE


日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-12-07 07:52

積もる夢を望みで彩り

まずは昨日のライブ、いつもながら最後まで聞いていただいた方、出演させていただいたCLUB 3STARの加藤さんはじめスタッフの方、それから先週の音源配布で快く受け取っていただいた方、ありがとうございました。

今年のライブ活動で改めて感じているのは「積み重ねる」ことの大切さ。1回1回のライブを点と線で繋いでいく、良かった面や反省点を次回のライブに生かそうと努めることで、毎回いち歌い手として前進していることを感じれるライブができてるんじゃないかと。そしてそのライブをサポートしてくれている立田さんにも改めて感謝で。

音楽活動に限らず、人が生きる上でも「積み重ね」は大切と思う。1度しかない人生の中で、より良い1日を積み重ねていけるように努める、そしてそれが充実した日々を過ごすことに繋がっていくんじゃないかなと。

明日は「第18回 赤穂義士マラソン」に参加。年に1回のフルマラソンへのチャレンジ、活動と同様にベストを尽くす中で有意義な時間を過ごせたらと思う。

日記へのコメントはこちら
[PR]
# by kohzi-ishiyama | 2009-12-05 07:49


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧