KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


血となり骨となり

昨日でCDの店頭販売に関する特設ページはひとまず完成。あとは「アルバムリリース時に掲載」という条件付きで、フリーペーパーの出版者の方と話を進めさせていただいたり。こういうマネージャー的なことを含めて、いち人間として活動を通して貴重な人生経験をさせてもらってると思うし、今すぐじゃなくても時間をかけて血となり骨となることもあるんじゃないかと思う。

始まったばかりの麻生内閣は5日で大臣が辞任することに。もちろんひとつの党の中でも価値観が違う人もいるように、いろんな主張をする人もいると思う。ただそれを把握した上で大臣に任命するのが流れじゃないかと。特に安倍内閣から大臣の辞任は続いてるし、「またか」っていう世論が生まれてもおかしくないと思う。選挙を控えた時期により厳しい状況を招いたんじゃないかな。

阪神タイガースは昨日も甲子園で広島カープとの試合、雨の中だったけど5対3で勝利。復帰したばかりの新井選手の活躍で「打線」として機能しだした感はあったし、新人の石川選手が2度目の先発でも好投。ここにきて新しい流れが生まれてきてるんじゃないかなと。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-30 07:48

住吉川

d0117028_7474559.jpg

写真はジョギングや散歩をする時でも歩いてる「住吉川」。ここに来れる範囲の所に住んでる限りは、足を運んでゆったりとした時間を過ごしたいと思う。そして結局4週連続で昼飯を食べたお店は、この住吉川沿いにあって。また違うメニューを食べたけど、久しぶりに食べたカキフライは最高だった(笑)おかずは大体1皿150円から250円だし、金銭的にも有難いお店で。

そしてF1シンガポールGP。まずはライトの明るさ、もちろん安全面を考慮した上でのことと思うけど、野球の球場の何倍も明るく感じたかな。その明るさで見えたのがコース上のすごい埃。市街地コースとあって、普段は公道としても使用されてるわけで、走行ラインでも汚れてるように見えたけど、そのラインを外れると極端に滑りやすい状況なのが分かりやすかったなと。レースの方は中嶋選手が8位で久しぶりの入賞。ホンダのバトン選手が9位で入賞まであと一歩のところ。トヨタのグロック選手は4位入賞だったし、再来週に迫った日本GPに向けて、日本勢は比較的良い流れでレースを終えたんじゃないかと思う。それから佐藤選手も日本GPとあって、スポンサーとの兼ね合いを含めて参戦する可能性が残されている状況。引き続き注目していきたいなと。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-29 07:52

何もない心

昨日はレコーディング。加藤さんの言葉を借りれば、これまでのレコーディングと比べても歌を通して伝わってくるもの、歌そのものの激しさが大きく増していて、今後はそれと両立させてどれだけ歌の完成度も高めていけるかが課題という感じで。それはそのまま先月までのライブ活動をどれだけ先に生かせていけるかというところにも繋がってくると思う。まずはそれを自分自身で感じて、加藤さんの言葉も理解できただけでも有意義だったんじゃないかと。また来月、レコーディングはレコーディングで良い「積み重ね」にできればと思う。

音楽や自分の人生に対してもそうだけど、最近は特に良い意味で本当に「何もない」なと。こうしてブログを書いたり、活動のことや人生のこと、日々生きる中で感じ考えることは尽きないように思う。ただ根底にあるのは「精一杯生きて、精一杯生きた清々しさを残して逝けたら」っていう思い。だからこそ何か「もやもやしたような気持ち」は自然と消えていったように感じてる。今週中には新たにプロモーション関係でアナウンスができそう。これまで通りに日進月歩で。

甲子園で行われた阪神巨人戦は6対4で巨人の勝ち。これは本当に最後の最後までもつれるかもしれないなと。昨日の試合では新井選手が復帰。予想より早い復帰で怪我が完治してるのか気になるけど、本来の力を発揮できる状況であれば、チームにとって起爆剤になるんじゃないかと思う。

そして初のナイトレースとなったF1シンガポールGP。特別大きな番狂わせはなかったものの、前戦優勝のトロロッソのベッテル選手がチームメイトが17位に沈む中4位を獲得。加えて中嶋選手が9位。ホンダはバトン選手が12位、バリチェロ選手が18位。最近のホンダは練習走行ではトップ10に入っても、予選では中団以降になってしまう流れで。大混戦の中団勢だからこそ、そこから1歩抜け出すことが本当に大変なんだろうなと。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-28 08:00

1st REC

本日はレコーディング。年内に何回かに分けて録る予定なんだけど、今日は過去に制作した楽曲を再録する日。過去の楽曲があるからこそ「THE LAST STRUGGLE」やアルバムに収録する新曲も生まれたと思うし、いち人間として今に至るまでの過程という見方もできると思う。そういう意味ではより愛着が生まれてきてるんじゃないかな。そしてアルバムを通して俺の中で「過去」と「現在」そして「未来」へ繋げていくというところで、今の俺が歌い直す必要があったかなと。有意義な1日にできればと思う。

甲子園では阪神と巨人の対決。それに加えてF1シンガポールGPの予選。初のナイトレースというのもあって大注目のレース。マシンの戦闘力の差は変わらなくても、全ドライバーが初走行のコース、そしてナイトレースという初めての環境、番狂わせが起きる可能性も十分にあるんじゃないかなと。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-27 07:50

フラット

人が生きる中で当然多くの出来事と遭遇しながら日々を過ごしていくわけだけど、そこで大切なのは良い意味での「気持ちの切り替え」じゃないかと俺は思う。遭遇した出来事に対して一喜一憂する、あふれる喜びで満たされる時もあれば、悲しくて思い切り涙を流す時もあるかもしれない、それはそれで人としてすごく有意義な時間になると思う、ただ重要なのはその後じゃないかなと。あふれる喜びを引きずってしまったが故にそこから「慢心」を生んでしまった事例は歴史上の出来事でも多々あると思う、そして悲しみに気持ちが沈んでそのまま浮上できずに自ら命を絶つ場合も実際に起きてることと思う。ひとつの物事が終わって良い意味で気持ちを切り替える、またはフラットな状態に戻す、そして次の物事に取り組んでいく、そうすることでより有意義な「積み重ね」の日々を送れるんじゃないかな。自分自身の場合でもそういうことを意識しながら音楽や人生にも向き合っていきたいなと。

そしていつも書いてる阪神は昨日に続いて横浜に勝利。巨人が負けて単独首位に浮上、そしてその巨人と土曜日に甲子園で対決。ここまでもつれるシーズンになるとは予想してなかったけど、いちファンとして目が離せない1年になったなと。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-26 07:44

少子化対策

日が暮れる時間帯や朝晩の寒さとか、秋を感じることが多くなってきたかな。昨日もプロモーション関係で話をさせていただいたり、送るものを送ったり。いくつか話を進めている中で、近々掲載できそうなのはシングル「THE LAST STRUGGLE」の店頭販売、レンタルCDとして設置させていただく話。特設ページも現在制作中で。

頻繁に報道されてるけど、福岡で起きた小学1年の子が亡くなった事件の犯人は母親。今回に限らず家族の中で命が奪われる事件が多発してると思うし、以前にも書いたけど一緒に住んでいる住んでない関係なく、一番近い存在である家族とのコミュニケーションを改めて大事にしていい時じゃないかなと。加えて政治の世界でも「少子化対策」という言葉が出てくるけど、その前に親が子供の命を奪う事件が多く起きる時代。心のケアにより目を向ける必要が出てきてるんじゃないかな。

最後に阪神は横浜に勝利。本来の勝ち方が少し見えた試合じゃないかと。そういう意味でも今日は勝ってほしい試合。恐らく先発する安藤選手に期待で。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-25 07:47

人生の階段

普段の生活の中で何気なく上がっていく階段。坂道や分かれ道と同様に人の生きる道にそのまま重ねることができるんじゃないかな。2段、3段飛ばして駆け上がっていこうとする人もいれば、1段1段に時間をかけながら上がっていこうとする人もいる。それはどちらが良いとかじゃなく、その人その人にどれだけ合ったスタイルかというが重要と思う。自分自身に置き換えれば、俺は1段1段に時間をかけながら上がっていく方じゃないかなと。そしてその「地道な人生」をとことん追求していきたいとも思ってる。今年になって特に地に足が着いて心が落ち着いてるけど、モチベーションはむしろ去年までより高くなってる、それはこれまでに何度も壁にぶつかりながらも音楽活動やいち人間としての生活を含めて自分に合ったスタイル、自分が自分でいられるスタンスを少しづつ見出してきてるからじゃないかと。そういう意味でも自分にとっての人生の階段を1段1段踏みしめて上がっていきたいと思う。

で、連日書いてる阪神タイガースは、対横浜4連戦の2戦目。結果は引き分けだったけど、中2日で下柳選手が先発したり、ベンチ入りした大半の選手が出場した総力戦。その中で特に平野選手の守備は際立ってたと思う。プロ野球でレギュラーにはなれなくても、守備要員として長くプレーしていく選手もいて、その重要性が改めて理解できたかな。好プレーで味方の失点を防いで勝ちに繋げていく、残りの試合でもそういうプレーが多く見れたらいいなと。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-24 07:50

新たな台頭

自民党総裁選挙は大方の予想通り麻生さんで決定。今後は総理大臣を福田さんから引き継いで、各大臣を決めて「麻生内閣」が発表されていくわけだけど、総選挙が10月後半に行われる見込みとのこと。総選挙になれば国会は解散するわけで、民主党が選挙で勝てば、内閣の期間だと最短記録を作るんじゃないかな。そういう意味では政治が本当に行われていくのは総選挙が終わってからという見方もできるかなと。総選挙が今後の大きな分岐点になることが改めて感じれると思う。

阪神タイガースは横浜戦で連敗ストップ。昨日は何と言っても初先発だった23才の石川選手。チームが連敗中とあって、新人にはすごくプレッシャーのかかる試合だったと思うけど5回2失点、攻めの投球で頼もしかったなと。特に2アウト満塁のピンチでバッターはオリンピックにも出場した村田選手、ストレート3球で見逃し三振で乗り切ったのは本当にすごいと思う。今年の残り試合や来シーズンに向けても貴重な若手になるんじゃないかと。

で、最後に活動について。昨日からまた引き続きマネージャー的なことで動いて。今月末か来月初めにはまたアナウンスできそうなこともあったり。そして久しぶりに今週はレコーディング。人生も活動も日進月歩で。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-23 07:52

営み

昨日は民主党の党首続投になった小沢さんの挨拶がテレビ中継されてて。いずれ来る総選挙は自民党と民主党の対決になるけど、俺は一度民主党に政権を取ってもらいたいなと。長い期間、野党として自民党に対抗しながら打ち出してきた政策案、「国民を第一に考えて」という言葉、それを政権を取ることでどれだけ行動に移せていけるか、いち国民として見てみたいと思う。

阪神タイガースは昨日も負けて、首位は変わらなくても巨人と同率の首位に。今週は甲子園に帰ってきて横浜と4連戦。そして残りの試合もあと14試合。もうここまできたら一戦必勝の気持ちで悔いなく戦い抜いてほしいなと。昨日も書いたけど、優勝の可能性が消えたわけじゃないし。

で、昨日の昼も先週行ったお店で(笑)他にも開拓していきたいところだけど、安くて美味しいんで行きつけの店になりそうかな。選べるおかずも多くて迷ったけど、バランス良く食べようと。最近は特に生活と体調管理の両方を考えた上で昼をしっかり食べて、朝と夜は抑え気味。それから食べ物じゃないけど、毎日欠かさず風呂に入って、十分な睡眠を取る、特別なことは何もないけど、人が生活を営んでいく上で大切な時間なのを改めて感じてるかな。

d0117028_742251.jpg


日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-22 07:55

CREATE THE TRACE

阪神タイガースは巨人戦で一昨日、昨日と2連敗。中日との3連戦は2勝1敗で乗り切ったものの、巨人との3連戦で初戦を落としたことで流れを掴みきれなかった感じじゃないかと。ただすごくポジティブな見方をすれば、まだ1ゲームのリードがあって、優勝の可能性が消えたわけでもなくて。ここから流れを良くしていく上で、それくらい前を向いた気持ちでいていいと思うし。恐らく今日の先発は、今シーズンでは若手で活躍した数少ない選手でもある岩田選手。後半にアッチソン選手と藤川選手が投げられるような試合展開になればと。

で、オフィシャルサイト内に「CREATE THE TRACE」というページを設置。今回のアルバム制作に限らず、楽曲の制作状況を随時掲載していけるページを作れたらというのがあって。制作にあたってまず念頭に置いたのが、加藤さんと出会って時を経て、「協力してもらう」というところから「2人で楽曲を作り上げる」という意識が強くなっていったこと。今後も活動と平行してマイペースながら更新していければと。

CREATE THE TRACE ページ

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-09-21 07:43


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧