KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


今を重ねて

ここ何日かで曲を聞いてくれた人やライブハウス、直接活動を行っていない他府県からの連絡が数件。もちろん本当に有難いこと。チラシの設置を含めてこれは今だけじゃなくてアルバムリリースに向けて、その後のライブ活動にもすごく繋がることじゃないかなと。様々な角度からサポートしてもらいつつ、ひとりの人間の自主的な活動でどれだけのことができるかっていう面でもすごくやりがいを感じさせてもらってるし、この有意義なチャレンジを大切にしたいとも思う。で、以前も話した旅について。限られたお金、限られた時間でどこに行こうか考えてたけど、とりあえず一番最初に行くのは世界遺産でもある屋久島。当然テレビや雑誌でしか見たことはないけど、あの環境に身を置くことで新たに感じることもあるだろうし、詞を書く人間としてもプラスになるんじゃないかなと思う。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-30 07:49

全力疾走

阪神タイガースの金本選手や新井選手が実践する一塁ベースへの全力疾走。それは平凡な内野ゴロでも変わることなく。もしかしたら内野手がエラーしてセーフになるかもしれない、バウンドが変わってヒットになるかもしれない、可能性はすごく低いけど、その可能性の低いことに全力を注げるからこそ、見る側はもちろん同じ野球選手にも影響力を持つほどの選手になれるんだろうなと。ただそれは選手としての技量というより、人として持つ精神じゃないかな。何をするにしても中心にあるのは「人間」なのを改めて感じれるかなと。

[ INFORMATION ]
DISK HEAVEN 大阪店、名古屋店、東京店にて自主制作のチラシ「REAL extra」の店頭設置、折り込みを開始しました。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-29 07:55

ネットと生活

1度日記に書いたことがあるけど、今年からネットと適度に距離をおいた生活を継続。こうしたブログやオフィシャルサイトの更新、チラシの設置やライブハウスの情報、もちろんメールとかどうしても必要な時は使用するけど、なるべく本屋に行ったり電話で直接聞いたりするのを心がけてるかな。そうすることでまた新たに知ることができる情報もあったりするし。そしてそれは活動にも影響を与えてると思う。これまでの活動の中でオフィシャルサイトがない時期でも音源やチラシを街中やサーキットでも配布していろんな人に受け取ってもらったり、特にサーキットではレースを見に来た人、もちろん関係者からもその場で住所を教えてもらったりして、未だにフリーペーパーやリリースの際のチラシも郵送させていただいてる。今いろんな所でチラシ設置の話を進めてるけど、それはもう1度ネットを使用しない活動というところでも取り組んでいこうって思ったのもあって。8,9月あたりには「SEND A REAL」に登録していただいた人向けに郵送できるものを完成させたいなと。今は「企画中」って段階だけどいずれ詳細を掲載できるようにするんで。お楽しみに。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-28 07:48

ナイフと拳銃

また秋葉原で警官をナイフで切りつける事件、その前には大阪駅でも似たような事件が起きてるけど、本当に簡単にナイフや拳銃が手に入りやすい状況になってるのは最近の事件を見ても分かるかなと。もう何らかの対処はされてるか分からないけど、明らかに人を傷つけるためにナイフを売ってる店に行って、普通に買っていく、販売する側ももっと神経質になっていいんじゃないかと俺は思うし、事件へと繋がる可能性があるナイフが街中で売られてること自体が危険かなとも思う。あとはナイフや拳銃を買ってしまう精神状態、その人にとっての買うきっかけとなる要因はあるんだろうけど、俺には到底理解できないことだろうなと。そしてそれこそが最も大きな問題と思う。人を物のように簡単に傷つけ、果てには命を奪う、そういう精神状態を持った人間を多く生み出している社会や家庭、特別なことは何もなくてもその生活の中にある幸せ、連鎖反応のように同じような事件が続く中でよりそういうことに目を向けていいんじゃないかなと。

[ INFORMATION ]
・自主制作のチラシREAL extraの追加設置店
中古CD販売 音吉プレミアム
164-0001
東京都中野区中野5-67-11 サンモール商店街 東京宝石2F

えとせとらレコード 新宿店
160-0023
東京都新宿区西新宿7-9-7 丸山ビル2F

・カテゴリ内「REAL extra 設置店」を更新しました。
・DISK HEAVEN、大阪店へのチラシ郵送が完了しました。順次、大阪店より東京店と名古屋店に郵送予定です。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-27 07:50

根っこ

毎日朝昼晩とご飯を食べて空いた時間があればジョギングや水泳、毎晩風呂に入って寝る前には軽くストレッチ、家族をはじめ身近な人間とスポーツやテレビの話題で和やかな時間を過ごしたり、リラックスした中で真剣に人生観を語り合ったり。自分自身を見つめ直す中で日々の生活における何気ない時間をより大切に思えるようになったかなと。そしてそれは活動に対するモチベーションの高さを「必死に維持する」んじゃなくて「それで当たり前」っていう状況にもってこれた要因のひとつになってると思う。歌い手である前にひとりの人間。自分を見つめ直す、何かを改める、そういう時には根っこの部分からどうすべきかを考えるのが重要じゃないかなと。

そして心だけじゃなくて体の面も。急激にじゃなくて少しづつレースをやってた時の体に戻していこうと。実際に去年の末くらいから自分なりのトレーニングをしてきて、明らかにジョギング中でも体が軽く感じるようになったかな。健康面でもプラスになってるし、マラソンやトライアスロンを考えるなら尚更のこと。あとは加えて精神面、レースに取り組む中で「この命と引き換えに足跡を残したい」ってアクセルを踏んだ自分を今年になってまた思い出してきたというのもあるかな。もちろんその全く逆側にある静かですごく穏やかな心境も経験できたし、だからこそ前にも書いたけどレースや音楽を通して7年いろんな経験してきたことを組み合わせた曲ができるんじゃないかと思ってる。ヨウヘイさんにも言われたけど、レース活動を入れると活動10年目がホント少し見えてきた感覚はあるし、節目として経験してみたいという思いはあるかな。

で、最後に活動に関して。最近も変わらずいろんなところとコンタクトを取ったり、郵送したり。新しくチラシを設置していただける所で中にはテレビで取り上げられた所もあったりで、そういう所でも配布していただけるのは本当に有難いなと。後日に詳細を掲載予定します。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-26 07:53

一体感

F1に限らずドライバーにもそれぞれマシンの好みがあって、アンダーステアを好むドライバーもいれば中にはオーバーステアを好むドライバーもいるかもしれない。(極端な説明をするとアンダーステアはハンドルをきっても曲がりにくい状況で、オーバーステアはハンドルをきると曲がりすぎる状況)マシンに座る位置でもそのドライバーの身長や感覚に合わせたものじゃないとすごく運転しずらいと思うし。F1においてもどれだけ優れた技術をもったドライバーでも自分に合ったセッティングのマシンじゃなければ簡単に下位に沈むことも多々ある、すごく高い次元でマシンとの一体感がどれだけ大切かが理解できると思う。

それを自分の活動に置き換えたらどうだろう。「足跡を残す」っていう核となる思いがあって、そこから生まれた楽曲があり、インディーズやアンダーグラウンドを好んだ活動方法がある、そしてそのマシン(活動)を操るのはいち人間としての俺自身。石山高司という人間が操る上で、より目的に合った、自分が操るために存在する「マシン」に仕上がってきてるんじゃないかなと思う。そしていち人間として気持ちを入れ直し、旅をしたり普段の生活の中でも落ち着いた時間を過ごして自分を見つめ直す、音楽に限らず攻められる状況があればとことん攻め抜いて限界へチャレンジする、その中で生まれる人としての積み重ねがより活動と俺自身の一体感を生んできてると思う。そしてそれはそのまま自分自身の人生を有意義にしていく要素になるんじゃないかなと。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-25 07:46

バージョンアップ

先週の日曜にあったF1フランスGP。ホンダはバトン選手がリタイア、バリチェロ選手が14位完走と特に見せ場なし。次はイギリスGPだけど、このレースがひとつのキーポイントになるんじゃないかなと。このレース前に事前のテスト走行を行うんだけど、大幅な空力パーツのバージョンアップが図られるとのこと。空力パーツによって空気抵抗ができすぎるとスピードが伸びないし、空気抵抗が少なすぎるとマシンの挙動が安定しない、その中で良いバランスを見つけられたら飛躍的なタイムアップも在り得ると思う。ただテストで成果があったからといってレースでもそれがそのまま反映される保障はない、だからこそチャレンジじゃないかなと。必ずうまくいくという保障のない中で取り組むのは勇気のいること、前例のないものを自発的に新しく生み出していくのはもっと勇気がいるし難しい、その中でシーズンの間に必ずどこかがバージョンアップしていくF1マシンをテレビで見て、技術者のチャレンジ精神が伺えるのもF1の魅力かなと思う。

活動の方は昨日もチラシの設置に協力いただけるショップが決定。音楽活動、それ以外でも今年ほど背中を押してもらえる年はなかったんじゃないかと思う。何かアクションを起こして、それに対して返ってくるものがあるからまた俺がやることも出てきてっていう繰り返しだけど、内容の濃い生活が送れてるかなと。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-24 07:43

LIVE FOR LIVE

今日も行くんだけど近所の郵便局の隣には何年も使われてない空き地があって。そこは阪神大震災で亡くなった子の家のあったところ。同級生で亡くなった子らは一度は遊んだことがある子で、校舎が使えなくてテントの中でやった小学校の卒業式で、遺影を眺めながらまだ「人の死」というものを理解できてない自分がいたかな。2005年に身近な人が亡くなったのをきっかけに「LIVE FOR LIVE」という曲を書いたけど、ライブで歌う時はもちろん、アルバム用に再レコーディングする際にはひとりだけじゃなくていろんな人への思いを込めて歌いたいなと。「死ぬために生きるより生きるために生きたい、どんな結末であっても全力を尽くして散っていきたい」何も特別なことじゃないけど生きる上ですごく大切な気持ちと思う。今振り返っても「あの時にこの曲を書いててよかったな」って思えるかな。ただ今の自分が持つ「穏やかさの中にある情熱」、浮ついたものじゃなくて地に足を着けた根底から燃え滾る情熱を持って歌うことで、過去のLIVE FOR LIVEよりいろんな意味で厚みの増した歌が歌えるんじゃないかなと思うし、そうできるように精進したいとも思う。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-23 07:46

前へ

まずはBEVERLY HILLSの坂口さんはじめスタッフの方々、全員が初めて歌を聞いてもらう中で耳を傾けてくれた人達に感謝します。ありがとうございました。歌い手としては全体的には神戸のワンマンくらいの出来だったけど、「END OF TRACE」に関してはベスト更新できたかな。ギターの立田さんが「一番好みの曲」というのもあるのかもしれないけど、曲の世界観を出していきやすかったなと。帰り際に「次また電話します」って言葉をもらえたことやチラシの設置にも協力してもらえたのも有意義だったと思う。奈良公園周辺の探索やライブ前に食べた「くず大和そば」、立田さんとの会話を含めて旅としても楽しめたんじゃないかな。あとは昨日は休養十分のライブ、内容的に体調管理の大切さを改めて感じれたと思う。

そしてキャンセルが決まったHUCKLEBERRYのライブ。今回DIMLANEを中心にブッキングを組んでいただいた鎌田さん、チケット予約をいただいた人、改めて心からお詫びします。申し訳ありませんでした。決して穴埋めにはならないものの、今日もまた出版社との話の続きやチラシの発送の準備を進める中で、今自分ができることを精一杯やって活動を前へ進めていくつもりです。

[ 自主制作のチラシ「REAL extra」について ]
・「record shop DISCO」
・「HOLLYWOOD RECORDS」
・「HOOK UP RECORDS」
への発送が完了しました。順次店頭にて配布、折り込みを開始します。  
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-22 07:50

LIVE BEVERLY HILLS

本日は奈良でのライブ。今日という日を精一杯生きるのと同じように、今日もステージで精一杯歌う、ホントそれだけかな。プロモーション関係でチラシや音源の郵送とかいろいろとやることは残ってるんだけど、歌い手は歌を歌わないと。そういう意味でも有意義な1日にしたいし、それができる精神状態にあると思うし。ベストを尽くしてきます。あと、下は非常に急な話ではあるけど明日の滋賀のライブに関するお知らせ。

[ INFORMATION ]
明日に予定していた滋賀ハックルベリーでのライブですが、バンドメンバーのライブ出演へのドクターストップという状況にあたり、今回は出演をキャンセルする方向で話をさせていただいています。ライブハウス関係者の方、個々にメールを送りましたが足を運んでいただける予定だった方にご迷惑をおかけしていることを、心からお詫びします。大変申し訳ありません。今後のことに関しては8月15日の兵庫で4人が揃ってライブをすることを目標に動いていくつもりです。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2008-06-21 08:01


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧