KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



<   2007年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


旅は続く

まずは昨日のライブを含めた2回のアコースティックライブ。実際に経験したことや普段聞かない音楽を生で聞けたこと、反省点も含めて生かしていきたい材料を手にした非常に有意義な時間だったと思う。今後は実際に歌の中で成果を出していきたい。

で、DIMLANEについて。昨日のライブについても若干更新したんで、よかったら覗いてもらえればと。情報という点では当然DIMLANEのサイト中心になるわけだけど、あとはレーベル「BDS」のサイト。(現時点で掲載はないけど)全国流通するにあたって、流通会社とアーティストの仲介的な存在だったBDSだけど、レーベルとしての顔も持つということで、これまでコンタクトを取っていろんなことを話し合ったことを踏まえてDIMLANEの活動に対するサポート、フォローを受けることに。(特に表立ってだとリリース時のプロモーションなど)ただ活動の方向性を決めていくのはあくまでバンド側なんで、そのアドバイザー的な存在として捉えてもらえればいいのではと。来年のライブについても少しづつ決まりつつあるんでまた随時サイト更新していきます。

DIMLANE official site


で、日記。例えばあてもなく旅に出て、自分が全く知らない場所やそこにいる人達に出会って、いろんなことを感じる瞬間は多々あるのではと思う。そういう視点から見れば、レースと同様に音楽も「ああ、こういう世界もあるんだな」って感覚もあるし、その中でうまくいったことや判断を誤ったことを含めて貴重な体験を今も尚してると思ってる。25年生きた中で導いた答えのひとつとして、自分にとって生きるとは旅そのものじゃないかと。その中でより多くの足跡を残せたらと思う。それは歌うことでもあるし、加えて新たなものを求めて本を書いたり、絵を書いたりするかもしれない。そうやって終焉が訪れるまで旅は続いていくと思う。

今日まで読んでくれた人、ありがとうございました。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-28 07:21

INFORMATION

昨日話した通り、明日10月28日をもってこのブログを離れることにしました。離れる期間などはなしです。今年に入り、2回ブログを移転したにもかかわらず読み続けてくれた人、本当にありがとうございました。

2004年から楽曲制作&音源配布を始めて、正式音源をリリースするようになって3年。その中で音源配布とネットでのプロモーションが「主な活動」だった時期がある。レース活動の兼ね合いもあって、自ずとそういう活動を思いついたのかもしれない。これはこれで、いち人間として本当にいい経験をしたと思ってる。ただ歌い手として単純に人前で歌う時間はすごく少なかったとも思う。最近はある程度コンスタントにライブをやってるけど、それはそういう気持ちの裏返しと言っていい。DIMLANEを始めるのをきっかけにして、まずは「歌うこと」から始めたいと思ってる。そして続けてきたブログで書いた言葉達に現実味を持たせたい。DIMLANEのサイトで最低限の情報、活動経過は掲載したいと思ってる。ただ今はそれで十分とも思ってる。何故なら「歌うこと」から始めたいから。これがブログを離れる理由です。改めて読み続けてくれた人、ありがとうございました。明日の日記の際、もしこれまでのブログに対する感想なんかあればコメント、またはメールなどもらえれば有難いです。よろしくです。

で、本日は宝塚にてライブ。アコースティックライブ第二弾。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-27 07:51

人を思う

自分にとって大切な人が殺され、逮捕された犯人が供述を述べる。「日々の生活でつらいことがあって、ストレスが溜まっていたんでつい殺してしまった、本当は殺すつもりじゃなかった」って言葉。それを聞いて、「ああ、それは仕方ないですね」なんて言葉はそう出てこないと思う。殺された人を大切に思えば思うほど、どんな言葉が並べられても大切な人を失った悲しみと怒りが先に立つと思う。何故なら心を持った人間だから。家族を殺された人が涙ながらに語る、「許されることなら犯人を殺してやりたい」って。本当に人を思うってそういうことじゃないかなと。ただ本来、人間の良い面である人を思う姿が、悲惨な事件の中で映し出される場面が多いのは、とても残念と思う。

逆に自分だけを思って生きてる人、メディアを通しても多く登場してる。家族や友人、恋愛の中や初対面であっても深いところで人を思う心、大切に。自分も含めて。

で、28日でこのブログから離れることにしたけど、明日はそのことについて書こうかなと。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-26 07:41

東京モーターショー

昨日、東京モーターショー2007にて新型のGT-Rが発表。まあ俺の場合は「Super GT」っていう日本最高峰のスポーツカーレースがあって、そこの新車発表の方が盛り上がる(笑)ただテレビで見る限りでもおもしろいデザインの車が多いし、デザイナーのすごさを素人ながらに感じれる。トヨタのデザイナーなんかはCDショップや雑貨店とかを周りながらアイデアを膨らませるらしい。デザインと音楽は共通してるとも言ってた。いろんな意味で両方とも「描く」というところで共通してるのかな。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-25 07:58

プロジェクトX

小規模の会社にいると否応なく会社を経営していく上での話が聞こえたり、聞かせてもらったりする。以前書いた「行きつけの中華料理店へ」って時も店長さんにいろんな話を聞いたかな。そういうことに興味を持つようになったのはNHKの「プロジェクトX」という番組。「HONDA」の本田宗一郎さんをはじめ、会社の規模に関係なくそのフィールドのトップと取り巻く人間模様を中心としたドキュメント。改めて思うのは会社を経営するのと「生き方」はホントにリンクしてるなと。すごく大まかな分け方だけど、リスク承知で飛び込むか安全を選ぶかというところと思う。ただどちらにも良い面があるはずだし、どちらが間違いなんてこともないと思う。

人に新しさを感じさせた、開拓していった経営者達。つきまとったのは多大なリスクと思う。そのリスクの根っこにあるのは、やはり前例のないことにトライしていったことにあるんじゃないかと。その中で時には成功もするけど失敗も重ねる。一度の成功で賞賛も浴びるけど、失敗を重ねて何かと揶揄されたりもする。その浮き沈みの激しさはある種の潔さ、気持ち良さや人間味を感じさせるものに思うし、そんなオルタナティブな経営者についていった社員達もまたその「人間」に惹かれるものがあったからこそじゃないかなと。

当然その勇気ある生き方を尊敬する気持ちもあるし、「我」を最後まで貫いた姿勢から学ぶべきところも多々あると思う。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-24 07:35

処理された命

「処理するのに困ったから」ってことで幼い子供をコンクリート詰めにする母親。命を処理するってことを言ってる時点で、その人にとっての「生きること」はその程度のものなんだろうなと。まして生まれて1年足らずの子供を殺しておいて笑みを浮かべてる映像があって、それを見ただけでも憤りは感じたわけで。あと、同じ時期に起きた加古川での事件。全く進展しないのもあって「身近な人間の犯行か」なんて話もちらほらと。そういう話に現実味を感じるほど家族が家族を殺す事件、多いなと。少し前にも話したことだけど、まずは家族とのコミュニケーションを大事に。身近にいるから分かり合えてるとは限らないんで。こうしてブログを更新していくのもあと数えるほど、だからこそ尚更話をしている内容が何か考えるきっかけになればいいなと。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-23 07:39

INFORMATION

名もないバンドに名前を付けること、いろんな意味で新たなチャレンジにしたいっていう思いからバンド名を考えるようになりました。

「DIMLANE (ディムレイン)」

「薄暗い路地」って意味合いだけど、個人的に理想としてきた活動の場所や意志、楽曲を含めてリンクする面が多々ある言葉ではという流れで。サイトに関しては、当然「これで完成」っていうのはないけど、あまり飾りたてたものにはしたくなかった。シンプルだけど情報をちゃんと届けられて、欲を言えば世界観を感じてもらえるものにできればと。まあこれはこれでまだまだ成長の余地はあると思う。本格的に動くのは少し先だけど、とりあえずご報告までに。

DIMLANE official site
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-22 07:41

経験と成果

昨日のリハ、先月あたりからライブに向けてリハを始めて実際にライブ1回、その成果が自分達で感じれるものだったと思う。個々に己を追及しつつ力を合わす、そして1つの経験でこれだけ変わるんだなと改めて感じた。それは人数がどれだけ増えても同じことが言えるわけで。まあ27日、この流れを大事にしたいなと。で、サイト制作。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-21 08:06

1週間

さて、次のライブまで1週間。そしてその後次の動きへ移行。それに伴ってこのブログもひとまずお開き。とはいうものの削除するわけじゃないし、このブログや石山高司のサイトで今後の動向(新しいサイトなど)をお知らせした上で動きたいと。まずはあと1週間、これまで通りの日記を書きたいと思う。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-20 08:35

立つべき場所

野球界、今年も多数の選手が戦力外通告を受けてる。人によってはどんなに続けたい気持ちがあっても、現実を受け入れてその世界を離れていかないといけない。自分に置き換えた時、そういう判断を自分に下す存在はいない。だからこそ状況次第で自分で自分にその判断を下すつもりで、そういう緊張感を持って活動していきたいと思ってる。何故ならそうすることで、常に「やるだけのことをやろう」って思いがより強く持てるわけで。性格的なものもあるだろうけど、自分の場合は自分にプレッシャーをどんどんかけることでいい流れを生むことが多い。

今年の中ごろからほぼ月1ペースで続けているライブ。音源やブログで話した「足跡」をはじめとする思い、単純に本物か偽りか、見に来てもらった人に判断してもらう場になればいいなと思ってる。俺自身そういう機会が少なかったと思うし、そういう場に立つべきとも思っていた。次の動きの前に「石山高司」名義で上に書いたことを意識しながらライブできてるのも重要かなと。そうすることで何かしら答えは出るだろうし、それをひとつひとつ受け止めていきたい。

で、そんな思いもありつつオフィシャルサイトを制作中。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-10-19 07:55


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧