KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



<   2007年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


点火前

どこでやってもステージに立たせていただけるのは有難い話だよな。ってことで今週あたり発表。ドロンパ。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-30 07:54

行ってきま

さて、黄金週間が開始。まずは天気がホント良かった。っていうかパソコンに向かってる今も窓を覗けば晴天。こんな日のジョギングはかなり気持ちいいんで、ブログ更新したら行ってこようかなと。話変わるけど、俺の耳がおかしいのか弾き方なのか、テレキャスなるギターの音ってなんかクセのある音に感じる。だからって違和感があるとかじゃなくてね。昨日はそんなことを考えつつ百人一首に突入。あ、厳密には坊主めくり。単調だけどおもしろさが詰まったのって何かしらあるなあ。真剣に楽しんでた(笑)んじゃジョギング行ってきま。

[ あとがき ]
このブログって管理ページでアクセス数だけ表示されてるけど、たぶん俺の錯覚でしょうか、前より増えてる感があるのは錯覚でしょうか?だからって何かをかえるわけじゃない。BLOG [ ABILIT ]、やるなおまえ。そして現状にありがとう、生きることにありがとう。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-29 07:51

進路相談

「進路相談とか俺にしていいの?」ということで手紙の返事で書いた話を若干。あ、了解を取った上でね。

もう何年も会ってないけど、音楽活動を始めてそんな経ってない頃に身内の人間が俺を「石山家の恥、果てには日本の恥」なんて話してるのを聞いた。まあ厳密には聞いてしまった。まあ、まともに学校行かなかったり、安定剤愛好家だったこととか、知られてる上に周囲にバラしたのもあるだろうし。相当なダメ人間に扱われてた感はあるなあ(笑)とは言うものの、そりゃあその瞬間は当然嫌な思いをしたし、「群がって陰でコソコソと人をけなすあんたらがやってることは恥じることじゃないの?」とは思ったけど、「今に見てろよ」って方向に進まなかったのは「そんなこともある」ってのを覚悟できてたからかなと。「THE LAST STRUGGLE」って活動名を付けて動き出して、直感だけど「ああ、俺の人生で人生を掛けて何かをするってこれが最初で最後かもな」ってのがあって。曲を聞く聞かない以前に人として内外から四面楚歌に近い状況から旅が始まって今に至るけど、その中で言うまでもなく満足感や優越感はかけらもない、でも何かしら俺の見方が大幅に変わっていくのは感じてる。俺は何事も「成るべくして成る」と思う。そしてそれを実現するには生半可な気持ちじゃ通用しないとも思う。特別なものが何もない俺にとって人生、そして命を懸けるくらいで丁度いい。

手紙にはあえて具体的に進路どうこうの話じゃなくて、「精一杯生き抜いたらいいと思う」ってことを書いた。抱いた思いが生半可なものじゃないなら自ずと「成るべくして成る」はず。どこに行っても気持ち。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-28 08:18

準備中

d0117028_745373.jpg


来た球にグッと踏み込んで、サッとバットをだして、パーンと打ち返す。
曲作りはその繰り返し。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-27 07:48

Re-born

離島での生活、けっこう憧れはある。離島じゃなくても自然に囲まれた中での田舎暮らしとか。10代からそういうのは漠然と思ってたなあ。それはそれで生活していくのは大変なことだろうけど、「それでもいいからそういうとこで生活してみたい」というのはある。まあ胸の中に忍ばせておくことにしよう。

で、今年も「Re-born」はやる予定。単純に俺が今歌いたかった曲、リスナーの人がこの選曲を歓迎してくれるんじゃなかろうかという曲、ということで決定。いや、当然まずは自分の考えありきだけど、曲を聞いてくれた人らの気持ちを察する努力も不可欠だと思うんで。これ一回話したことだけど、俺が精神を集中させたい時にしたり、イメージすることがあって、「Re-born」するのはそういう曲。お楽しみに。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-26 07:48

JR脱線事故

ここ数日は特にJR脱線事故についての話題が多い。テレビを通して事故で心と体に後遺症を残しつつ、平穏な生活を取り戻そうとリハビリに励む姿。「あの事故がなければ」という思いと、ただ過ぎていく時間の中で複雑な心境を語った多くのインタビュー。かと思えば事故当日に事故があったことを知っていて飲み会を開いていた職員、結局は天下りをした当時のJR社長。いや、JR側の誠意のなさはテレビ、新聞、ネットという限られた情報源でも多く語られている。その限られた情報の中でも腹立たしさは十分感じた。

俺はよくブログで世の中の出来事を話題に出して日記を書くけど、それは前にも書いた通り、ひとつひとつの出来事に何か感じてもらいたいから。当事者じゃないと分からないことは当然あるけど、だからって俺と同じ出来事に全く関わりのない人間が傍観者になる必要はないから。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-25 08:00

錯覚の中で生きる

海を眺める、芝生に寝転がって空を眺める、山から街を眺める。
人混みに埋もれて、名も知らない人の多さに圧倒されてみる。

アメリカの銃撃事件、長崎の事件もそう、テレビ局に送られてきた犯行声明文を何度か聞いた。(あれが全文かは分からないけど)とにかく世の中の動きが全部自分中心で回ってるような、錯覚の中で話してる(それもホントは途方もなく狭い世界と思うけど)気がしたなあ。まあ周囲から圧力を受けていたのかもしれないけど、その向こう側には自分の知らない人間であったり、知らない世界があることを感じることができたら、気持ちのもちようは大きく変わったんじゃないかなと。

いい意味で自分がどれだけ小さな存在であるかを知ったり、「広さ」を知るって大事だよな。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-24 07:56

昨日は個人練習

雨、雨。昨日よく振ったなあ。おまけに阪神は痛い2連敗。そんな中、昨日はこれまた不定期継続中の個人練習。例えば去年の今頃よりはだいぶマシに歌えるようにはなってると思う。ただ言うまでもなくまだまだ。だからやりがいがあるというものでしょうか。で、今週リハ。リハと言っていいか分からないけど、ライブの準備。実は場所も日程もある程度決まってて、それに合わせて大まかなリリース時期も決まってるけど、まあちゃんと言える雰囲気になった時にアナウンスしていきたいなと。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-23 07:54

日進月歩

d0117028_8212358.jpg


街中音源配布、やってるけど1回1回「音源配布やりました」というのも似たような話ばかりになるから。まあ不定期で継続してやってると思ってくれたらいいかと。ただ時間的な理由で行動範囲は限られるけど、音源配布を通して、いろいろな街に行ってみたいなとは思う。で、写真は電車から1枚。あ、昨日はいつも楽曲のアレンジをしてくれる加藤さん宅へ。スーパーファミコン止まりの俺にとってプレステ3のリアルさはすごかった。いや、まあ他にも話してた、北斗の拳とかゲッタービームにミスタードーナツなどなど。その後電車に揺られ帰宅、映画「海猿」を見て就寝。日進月歩。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-22 08:22

継続と開拓

活動する中で「石山さん強いね」との言葉、時々言われる。ああ、少なくとも強いとかは思わないかなあ。そりゃあ弱音吐く時だってあるし、迷う時もあるし。「俺そんな難しいこと言ってるかな」とか、去年一時的に何かしら批判的なメールをよくもらってる時も「俺こんなんで続けていけるかな」とか。でも結局はそういうメールも来なくなって、満点じゃないけど活動が前に進んでるのは、活動を続けてるからだろうなと。俺万人に好かれようなんてかけらも思わないし、無理な話でしょ(笑)でも続けることで納得させる、納得してくれる人もいるということは信じたい。実際に去年、批判的なメールをくれた人の中に「石山は絶対受け付けない」ってとこから「勘違いしてたよ」ってとこまで来た人達もいるわけで。
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2007-04-21 08:10


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧