KOHZI ISHIYAMA BLOG [ ABILIT ]



至福の時 苦難の時 それぞれに意義を成す

今日で2009年も終わり。前回の日記と重なるけど、マイペースの活動ながらベストを尽くす姿勢を忘れなかった1年、そういう意味では悔いのない1年を過ごせたと思う。基本的には音源をリリースして、ツアーやプロモーションを行う、そのサイクルの繰り返しだけど、その内容をどれだけ充実させていけるか。フリーという環境でどれだけのことができるかというところで、去年までの自分にできなかったことができていたこと、活動に広がりがあったことは有意義なことと思う。

活動に限らずだけど、もちろんすべてが自分の思い通りに進んだわけじゃなくて。アクションを起こさなければ当然何もおこらないし、思い通りにならないストレスも感じないで済むかもしれない。ただその代わりに「あの時ああしておけば」っていう思いを抱きつつ過ごすことになるかもしれない。価値観は人それぞれだけど、俺の中ではまずはアクションを起こして、それがうまくいってもいかなくても、ひとつの経験として先に繋げていく。一時的にネガティブなことであっても、それをポジティブな要素に変えていくことが大切と思う。そういう意味でも今年に「無駄な経験」はなかったんじゃないかなと。

お寺を巡って、改めて感じた「和の文化」の魅力、自然がどれだけ人の心に良い影響を与えているかということ。城跡に行って感じた過ぎ去った時代の物悲しさ。それぞれに印象に残ってるかな。それから「人を思い生きる」ことを大切にする中で、周りにいる人達との距離感がどんどん近くなっていった1年でもあると思う。活動に限らず、支えてくれた人や協力してくれた人に改めて感謝。ありがとうございました。

最後に今年も本当に多くの人が誰かに命を奪われ、自ら命を絶っていった1年。来年は人が人を思いやる光景が、より多く見られるような世の中へ向かっていけばと。

PEACE OF MIND
心に平和を。

日記へのコメントはこちら
[PR]
by kohzi-ishiyama | 2009-12-31 08:03
<< 一度きりの旅 貫くものを理想の糧に >>


シンガーソングライター    石山高司のブログ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
リリース情報
楽曲配信
メディア情報
店頭販売情報
REAL extra 設置店
OTHER CHALLENGE
LINK SITE

フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧